Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

田舎に住んで3ヶ月。何が都会と違うか考えた話


f:id:hasshikun:20161229174245j:image

田舎に住みついて早3ヶ月が経ちました。

hashi です!田舎の住人です。

 

僕は今まで広島〜神戸〜ドイツ〜東京〜九州の田舎と幅広く生活してきました。

 

いわば大都会、中都会、田舎とほぼ完全コンプリートしたわけなんですけど、田舎と大都会って全然違うんですね。利便性はともかく生活の仕方が違います。

 

じゃあ何が違うのか?それを今回まとめてみました。ちなみに僕は一人暮らしなのでその感覚で書いてます。

 

 

都会と田舎のスペック

そもそもどんな都市に住んでるねん。基準が無いと比べられないので先に書いておきます。

 

都会=徒歩圏内スーパー、駅がある。生活が徒歩圏内で完結することができる。

 

田舎=徒歩圏内にコンビニのみ。周りは田んぼ。

 

 

車、命な生活

まずこれを物凄く感じました。

田舎の人からすると車で移動して買い物は当たり前です。そもそも徒歩圏内にスーパーとかありません。しかし、案外その辺のコンビニにも車を使っていたりします。

 

都会はそんなことありません。基本的に交通網、電車が発達しているのでそれを使って移動しています。大体電車である程度の移動はできます。それか、大体徒歩圏内にスーパーなどあります。

 

案外、田舎の人は都会の人より歩いてないのかもしれませんね。

 

僕は出張という形で田舎にいるのでもちろん車なんてありません。なので日々、徒歩10分のセブンイレブンにお世話になってます。

これがなかったら死んでました。

セブンイレブンにい支配される生活環境って我ながら悲しくなります。

 

田舎の「近所」感覚

これ、ミスマッチが多すぎる。

 

「近くに打ちっぱなしあるから楽しんできな」

 

この言葉を信じて、一度周りを歩き回りましたがありませんでした。

 

調べると徒歩1時間。近所じゃないです。

 

「この前のところ徒歩1時間ですやん!ww」

「車だと10分だよ。近所じゃん」

「唖然」

こんなことがザラに起きます。

 

話を聞くと田舎の近所って車で行ける近場が近所らしい。

 

近所って歩いて行けるところじゃないすか?

 

都内感覚でいるとショックを受けます。

 

田舎の車保有率


f:id:hasshikun:20161229230745j:image

そんなわけで、皆働き出すと車を買い出します。

 

一家に一台?いいえ、一人一台なんです。いわゆるマイカーなんですね!

 

だからか知らないけど、皆やたら運転が上手い。

 

しかし皆が皆車に乗るのにも関わらず、使える道が限られているので、大概の確率で渋滞が起こっています。

 

田舎ほど渋滞が起こる!!

 

この感覚はやっぱり他の人も感じているらしいですね。

 

やっぱり車が必要

田舎の生活では車が無いと話にならない。

 

電車は30分、1時間に1本。

バスは1日に3本。

 

そのような環境下で暮せば、車が如何に生活必需品になるか理解できました。

 

ならそんな環境に居るのに、なぜ弊社は車を貸出してくれないのか?

 

そんなことを考えながら過ごした田舎の生活3ヶ月でした。

 

おわり