読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

【大晦日】ドイツで危険な大晦日でもすごしてみない?

ドイツ

 
f:id:hasshikun:20161231152518j:image

ドイツシリーズです!

大晦日ですね!ドイツ語では Silvester です。

hashiです。こんにちは。

 

大晦日はやはり皆さん家族と過ごしますか?

それとも友達と飲んで年越しを待ちますか?

 

僕は例年通り、テレビを見ながら家族と過ごします!the普通!

 

例年、日本では除夜の鐘を聞いて紅白を見て年越しを待つのがなんとなく日本の年越しにあるイメージですよね?

 

ドイツも大晦日というのは特別な日になります!

なのでドイツにも大晦日とはといったイメージみたいなのがあります!

 

それを今回紹介します!

 

 

Silvesterという感覚

まず、根本的に考え方が違います。

 

 

日本=まあ静かに過ごす日?

ドイツ=馬鹿騒ぎする日!ウェェイ!!!

 

このウェーイ!!が行き過ぎているのがドイツの大晦日なんです。

老若男女関係なくアホになってます!笑

 

ドイツもまあ、日本に似てるところあるし?と思ったあなたは年末ドイツに行くと大変なことになるかもしれません。

 

花火、爆竹の買い占め

花火?夏じゃないの?いえ、ドイツでは年末なんです。

年末になると、ドイツでは日頃禁止されている爆竹、花火が解禁され一般民でも使用可能になります。故に、スーパーとかでは花火(中国製)がたくさん売られ、皆それを買い占めます。この辺りで年末のカウントダウンが始まってきます。

 

使わないものをいきなり手に入れると何をしますか?試したくなりますよね?

 

子供はフライングして昼間とかから爆竹を投げ回してます。

変な声出してアホ見たくテンションが上がってます。

 

「URRYYYYYYY!!!wwww」

 

意味がわかりません。

 

子供が火遊びをしだしたら年末が来たという感覚を覚えておいてください。

 

街に集結するカウントダウン前

僕がいた街はハンブルグだったのでそれを基準に語ります。

 

まず夜になると、皆は年末のカウントダウンが行われるアルスター湖近辺に集まります。

人口密度ぐっと高まります


f:id:hasshikun:20161231121504j:image

 

そこでカウントダウンが来るまで、酒を飲みながら花火、爆竹を使いまくります。

人がいようと関係ありません。年齢も関係ありません!車がいようとも関係ありません。

あいつらは人混みの中に爆竹を投げ込みます。

 

「バーン!ドカーン!!」

「oh ja hahahaha」

 

何がhahahaだ、マジで危険だから辞めろ。

 

 

皆が皆テンションが上がって火遊びをするので、物凄い火力と煙に包まれます。

 

割れたビール瓶、煙、爆音。。

 

僕は初めてここに来たとき、戦場にでも来たのかと思いました。

 

 

ちなみにベルリンでも似たようなものらしいです。

 

 

 

ベルリンはもう少し過激そうですね笑

 

そしてカウントダウン


f:id:hasshikun:20161231152538j:image

10,9,8,7,,,,,,,3,2,1

 

Drei Zwei Ein....... Frohes neues Jahr! 「フローエス ノイエス ヤー」

 

テンションがマックスになり花火が打ち上がります!!

 

ちなみに日本の花火とは違い、ドイツのはバーン!!って感じなので風流もクソもないです!しかし、迫力は満点です!

 

写真はイメージです。

 

年明け後

このあとは自由に家に帰るなりなんなりします。僕たちはお酒を飲んで朝までパーティしました!

ドイツでの年明け1日目は寝正月でした笑

 

最後に

どうでしょうか?行きたくなりましたか?

僕は正直一回経験して、もう満足です。

 

観光客気分で来るとすぐ面食らいますが、日本とは180度変わった年越しも来年などにどうでしょうか?

 

今年もお世話になりました!

 

来年もよろしくです!

 

良いお年を!!

 

おわり