読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

Suchmos(サチモス)が売れないわけがなかったんだよ。だっておしゃれだもん。

Suchmos 音楽 ロック おすすめ

f:id:hasshikun:20170228003544j:plain

最近の邦楽ロックっていうと、何を思いつく?と聞かれるとどう答えますか?

 

僕の場合は、KANA-BOONって答えます。別に某タレントの出家騒動に関係してとかじゃないですよ。大まじめです。

ここ数年、四つ打ちで繰り返しのフレーズを使いまくって、声が高いボーカル、なよなよした感じ。簡単にノれるこんな曲が流行ってません?

もうね、サブカル女子にピンズド!!

こぞっていろんなバンドが真似ましたよね。そのブームKANA-BOONが確立したんです。だから、最近の邦楽ロックを象徴するのはKANA-BOON。

 

しかし、四つ打ちのダンスロックも聴き続けると飽きる。ダンスダンスダンスってのもお腹いっぱいだ。そろそろ、このブームも終わるのかな?(おわったかも)

 

そんなブームにピリオドを打ってくれそうなバンドが出てきた。Suchmosです。

2016年初めからじわじわと話題になり、今では今年に絶対ブレイクするバンドとCDショップで取り上げられているSuchmos。

 

なぜ、こんなにも売れているのか考えてみました。

そもそもSuchmosってなんぞ?

Wikipedia曰くこうらしい。

Suchmos(サチモス)は、日本のバンド。2013年、神奈川県出身者を中心に結成。バンド名の由来は、ジャズミュージシャンのルイ・アームストロングの愛称サッチモ。ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップからの影響を受けた音楽性を持つバンドである。

うーん、ここだけ見たらよくわからん。がとりあえずロックだけでは括れない音楽なんだろう。

ジャミロクワイやニルヴァーナなどに影響を受けたらしい。

CDショップ曰く、ジャミロクワイ好きなら!おすすめ!である。

まったく最近のロックバンドと違う!

違うって何が違うんだよ、あ??

大体、このような時は直接聞いてもらったほうが早い!

なので有名どころを挙げてみる。

Stay tune

www.youtube.com

多分これがSuchmosで一番有名な曲だと思う。CMにも採用されたし。

ステイチューン イン トーキョーフライデーナイー 

ってフレーズ聞いたことありませんか?もしかしたら聞き飽きたよ、うんざりだよ。っていう人もいるかもしれません。

 

そして、YMM

www.youtube.com

僕はこっちのほうが好きです。なんとなく気怠さを感じさせるメロディにボーカルの声。おしゃれです。

 

この二つを聞いてもらったら分かると思うけど、Suchmosはまったくもって最近のロックバンドとは一線を画したものである。

メロディ、ダンスダンスしていない。メンバー、男だけでナヨナヨしていない。いわば硬派!!全然違う!!

 

周りと違う音楽って興味を惹きやすいよね!!実際に僕もラジオでSuchmosを知って周りとの異質さに頭に残った。まずこれだけでつかみが取れる。

なんといってもオシャレ

このCDジャケットを見てほしい。

オシャレすぎないか?ずるいよこんなん。

 

車の中にさりげなく置いておきます。デート中とかやったら絶対女の子たずねますよね。

「このジャケットおしゃれー!誰??」

「Suchmosってバンド。今流してるよ」

「えーおしゃれー!!抱いて!!」

このように会話が弾むこと間違いなしだ。ずるい!

 

もしジャケ買いして失敗しても、部屋に飾っとけば十分インテリアとして機能する。それぐらいオシャレ。

音楽もオシャレ

ゴリゴリな音楽でも繰り返しのダンスダンスダンスでもない。ジャズっぽいし、ロックでもある。いわばおしゃれロックだ。

 

美容室やカフェで流しても問題ない。つまりおしゃれなところでも受け入れられるってことだ。これがダンスダンスダンスでも流れてみ?違和感しかない。それを聞いて喜ぶのは邦楽ロック大好きな僕たちなもんよ。

 

このようなオシャレプレイスにくる人で邦楽ロックフリーキーな奴なんてそんな多くないと思う。知っててもミスチルとかそういうのでしょう。そのような人が流れてくる音楽を聴いて興味を持てば?ほら、新規開拓!

対象相手が広い

多分Suchmosの曲を聴く人ってこんな感じじゃないだろうか。

  • ダンスダンスダンスな邦楽ロックにお腹いっぱい
  • 他人とは違う音楽を聴いて優越感に浸りたい人
  • EDMみたいなウェーイな音楽は無理だけど体を揺らしたい人
  • もともと、こういうのが好きな人など
  • 周りが聴いているから聴いてみた

赤字にしているところは特にあるでしょ。

邦楽ロック好きな奴はたまにこういう節がある。みんなが聴いている(ブームになっている中)あえて違う曲を聴いて(俺はブームに流されないぜキリッ)ってやつ。だからダンスダンス四つ打ちが流行ったところでの、この音楽は格好の的になったんではないだろうか?

そして、EDMは無理だけどSuchmosならいけるってやつ。

いまのところ、世間の流行りはEDMである。電子音でみんなウェイウェイできる感じが特徴だ。しかし、このEDM、僕たちのような明るいやつになりきれない人にとっては刺激が強すぎる。みんなでウェイウェイなんてできない。だってリア充じゃないんだもの。

しかし、リア充になりきれない僕たちでもリズムにのって体を揺らしたいことだってある。そんな時、EDMは無理だけどSuchmosなら?イケるやん!!(僕がそう)

ちなみに、この理論はインテリ高学歴女にもきっと通用すると思う。(ごめんなさい)

 

要は、ウエイウエイできないが、体を揺らしたいって人にはうってつけってことだ!

 

たぶん、幅広い年齢の人がSuchmosを聴いている。

 

普通、あるジャンルが好きって人はそのジャンルを好んで聴くと思う。僕も基本的にそうだ。ロック、ハードロック、メタルとかばっかり聴いてる。

多分ポップスの人はポップスだし、EDMの人はEDMだと思う。

その点、Suchmosの音楽はいろんな要素が入っている。だからみんな聴きやすいのではないのだろうか。入口が広いってのはファンを増やす上で大きなメリットだ。だから売れているのだろう。もちろん曲がいいのもあるけど。

どうやったって流行るから聴いておくべき

音楽はおしゃれ、ビジュアルもおしゃれ、ジャケットもおしゃれ、対象相手は幅広い。どうやっても売れるしかない。こんなおしゃれの三重奏が売れないわけがない。CDショップもプッシュしやすいに決まっている。

 

だから、まだ聴いてない人は一度聴いてみてほしい。

もしかしたら、このスタイルが次のブームになるかもしれませんよ。

 

ちなみに曲はアマゾンミュージックで無料で聴けるので是非!!

 

おわり