Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

社会人の身だしなみ!自分の価値を3倍上げる簡単靴磨きの方法

 

f:id:hasshikun:20171126163333j:plain

社会人になって履き出すのが革靴。

 

あなたは革靴、磨いてますか?

 

磨いて無いのなら、即磨くことをおすすめします。

簡単に自分の価値が上がりますよ!

 

今回は誰でもできる、自分の姿を3倍カッコよくする靴磨きの方法を話します。

 

 

 

自分の価値を3倍上げる靴磨きの方法

用意するもの

  • 汚れ落としクリーナー(100均でもオッケー)
  • 靴磨きセット
  • つや出し(なくてもいい)

これだけあれば、靴磨きができます。

 

靴磨き用のクリームやブラシがあれば、特に追加で必要ないですね!

でも、何もない場合は全てがセットになっているこちらがおすすめです。

 

汚れ落としクリーナーから、2種類のブラシ、無色と黒色のクリームが入っています。

どの靴にも使用することができるので、一つ持っていたら重宝します!

クリーナーで汚れを落とす

早速、靴磨きクリームで皮に栄養を与えていくぞ!と思ったらちょっと待って!

 

しっかり靴の汚れを落としましょう。

 

履きこんだ靴は古くなったクリームや日ごろの埃や汚れを吸い取ってしまっているので、見た目以上に汚れが溜まっています。

そこに靴磨きクリームを使ってしまうと汚れの上に塗り込むことになるのでよろしくない。

 

百均のクリーナーシートでもいいけど、今回は靴磨きセットにあるクリーナーを使って汚れを取っていきます。

これすると皮の汚れが布につくので本当に要らない布でふいた方が良いよ。

まあ汚れる。

汚れを取り終わったら、クリームを塗っていこう

汚れを取り終わったら、ここからクリームを塗っていきます。

このセットを使うのであれば、筆型ブラシを使って塗っていきます。ない人は柔らかい布を用意しましょう。使わないTシャツでもOKです!

クリームを少し取って薄く塗っていきます。塗り込むように伸ばしていくと綺麗にクリームが伸びていきなじみます。

伸ばしたら、化学繊維などの固いブラシでさらに塗り込んでいきます。

伸ばして塗り込んだ後は、柔らかい布で少し余ったクリームをふき取りましょう。

 

あとは日陰で乾燥させて。。

以上!!

これで靴磨きは終わりです!!

 

もし、靴につやがほしい場合は、艶出しを使うと光沢が出るので使ってみてください。

靴磨き後革靴の感じ!

磨いた後はこんな感じです。

艶出しを使っていないので写真で見るとマットな感じが強いです。

クリームは無色なのでキズなどを塗りつぶすことは出来ないので、磨いた後もどうしても残ってしまいます。

これじゃわからん!って人にも分かりやすいように黒靴も同じ手順を踏んで磨いてみました。今回は艶出しありです。

右側が靴を磨く前。そして左側が靴磨き後です。

つやがしっかり出て、色も深い黒が出ていると思います。

細かいキズも消えているので、清潔感があるのではないでしょうか!

 

毎日靴磨きする必要はないけど、埃は落として靴の形を整えよう!

一日使った革靴は履き終わった後、軽くブラッシングしてあげましょう!

その後、ちゃんとシューツリーに入れて保管すると綺麗な状態を長く保つことができますよ。

 

普段のちょっとした手入れで寿命も変わりますよ!

 

おすすめシューツリーはこちらから

 

靴磨きするだけで、一歩リードできる社会人

社会人成り立てだったり、あんまり靴に関心が無いって人は革靴を磨いてないかもしれませんね。

 

同期や先輩の足元をいつも見ているわけではないけど、目に入るとあんまり磨いてなくて、シワがつきまくり汚れが付きまくりのものとか意外と多い。

これぞ履き潰し!って感じ!

 

微妙ですよねー。

 

革靴は良い物を履けとは言わないけど、せめて清潔感のあるように手入れするほうが絶対いい。

客先だろうと誰だろうと少し目線を落としたら絶対目に入るもんだから。

 

綺麗にしている靴ってのは味があって清潔感をもたらしてくれます。

いくら安物だろうとそれは変わりません。

むしろ手入れしている安物の方が手入れしていない高い靴より見た目がいいですよ!

 

靴磨きだけで、自分の気持ちも相手から見えるイメージも良くなります。

だって、周りが靴を磨いてないのだから。

 

同じスーツに綺麗な靴を履いて鏡の前に立ってみてください。

磨いた靴を見ると、きっと「今日も頑張ろう!」という気にさせてくれますよ!

 

一回30分くらいなので、週に一回、靴磨きどうでしょうか?

段々と綺麗になっていく革靴の姿を見るのも楽しいのでおすすめです。

 

おわり