Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

半年間現場で働いたからこそ分かる電機メーカー工場あるあるを言いたい

f:id:hasshikun:20170611220721j:plain

こんにちはhashiです。
 
工場で働くイメージってどんあものがありますか?
「キツイ!立ちっぱなし疲れそう、夜勤あかんで」
こんなイメージがあると思います。。
 
「ただ、実際のところどうなの?」って思いませんか?
 
僕は半年間、現場の作業員として働いていました。
研修という身分を超えて作業員として3交代勤務で働いていたので夜勤や残業も経験しました。
この経験から最近いろんな人に「工場で働くってどうなの?」って聞かれます。
 
工場で働いたことがない人からしたら接点もないので、知ろうにも中々知れないというらしいです。
 
大体「夜勤はやべぇぞ!」とか言って笑いを取りにいるんですが、意外と反応が良いのは「工場あるある」なんです。
工場って職場といってもオフィスとは違うんですよね。働き方だったり雰囲気も慣習だったりも違います。
 
なので、今回は工場あるあるを紹介していこうと思います。

工場あるあるを話す前に

まず、前提条件をお話します。
  1. メーカー工場(夜勤ありの3交代)
  2. 24時間フル稼働状態
  3. 僕はスタッフではなく現場の作業員としてラインに入った

このことを頭に入れて見てくれると幸いです。

ご安全に!というあいさつ

「ご安全に!」という言葉、聞いたことありますか?
僕は工場以外で耳にしたことがほとんどないです。
 
ご安全にという言葉は工場の業務前に聞くことができます。
工場での業務って始まる前に安全確認のために指さしで声に出して確認します。
「腕よし!足よし!○○よし!。。」
こうして最後まで進むと安全確認のために唱和します。
 
「ゼロ災(ゼロ災害)でいこう!ご安全に!」
 
みんな「ご安全に!!」
 
面白いのか、この話をすると意外と反応がいいことです。
知っている人の中で、「ご安全に!」というのも案外楽しかったりします。笑
 
工場ならではの慣習だと思います!

作業がロボットみたいになっている人がいる

工場の作業は基本的に単純作業の繰りかえしです。
「Aを確認したら、裏返してBを見て、Cにキズがなかったらシールを貼って完成!」
業務時間内は延々と同じことを繰り返します。
 
普通なら気が狂いそうなんですが、何年もその道で働いている人はそんなレベルでは戦っていません。
 
やたら作業が早いのです。
ロボットみたくズガガガと一つ一つの作業が早く、身体の動きにも無駄がありません。
スポーツでも何度も続けると無駄のない洗練された動きができるようになるって言いますが、まさにそれです。
 
見てもらえばすぐに分かります。洗練された従業員も工場あるあるです。
 
ちなみに、僕も半年でしたがある程度早くなりました。笑

突然消える社員

昨日まで仲良く話していたのに、急にいなくなる。
バイトでこのような経験をしたことはありませんか?
実は工場でもよくあります。
 
僕の工場において、現場勤務は夜勤や異なるシフト勤務で時間が定まらないので、慣れなければ過酷なものになります。
このような環境で働いているとある日「人が飛びます」。前情報なしで普通に消えていきます。
 
工場で働き始めてから間もないころ、僕も経験しました。
業務時間になっても昨日話していた人が来なかったのでリーダーに質問すると、
「あいつはいなくなった。今日やめるって言ってきた!」
と淡々と返されました。
 
もっと怒っているのかと思ったらそうでもなく、いきなり消えることはしばしばあるので慣れっこになっているそうなんです。
あと、派遣社員がほとんどなので、条件が良ければ平気でほかに移動してしまうとのことなんです。
当初は僕は「へぇー」ぐらいにしか思っていませんでしたが、半年働いているとだんだん気づいてきました。
 
人が辞める辞める。
 
昨日仲良く話したやつも次の週にはいなくなっている。
そんな環境ならまったく怒る気にもなれないですよね。
 
これも工場あるあるだと思います。

夜勤の圧倒的ゴーストタウン感

工場は日勤の時間帯はスタッフ職の方も来るので活気があります。
しかし、夜勤になるとスタッフの方は帰り、夜勤の作業者だけになるのでかなり人が少なくなります。
すると、工場の中も日勤中はあった人気が一気に無くなり、静かになります。
 
あるのは「ゴーッ、ゴーッ、ゴーッ、キンキンキン」といった金属の機械音です。
 
その光景はまさにゴーストタウン感を醸し出しています。
 
作業者もいるのですが、夜勤中なので頭の回転力も鈍っており普段より活発度が落ちています。
中には立ちながら寝ている人もいます。(僕もそうでした)
 
フラフラした中でラインに立つので、ラインの雰囲気ももちろん異質です。
 
「ゴーッ、ゴーッ、ゴーッ、キンキンキン!」
その中で作業するフラフラした人々。
 
異質な感じ半端なくないでしょうか?
 
工場あるあるです!

金髪のにいちゃんはいい人

工場は色々なひとが集まっているので、普段だと関わらないいであろう、金髪のちょっと怖そうな人とも関わることがあります。
 
人は見た目で判断してはいけないと言いますが、やっぱり怖いです。
 
しかし、金髪の兄ちゃんたち案外いい人なんです。
僕が作業に困っていると助けてくれたり、地元の情報を教えてくれたりと気にかけてくれます。
話してみれば意外といい人で、半年の工場生活を助けてくれました。
 
ただ、やたらとパチンコとタバコをしている率が高いです。
 
もし、工場で働くことになったら、金髪の兄ちゃんたちに助けてもらいましょう!!

最後に

工場のあるあるを挙げてみましたがいかがでしょうか?
工場勤務の方共感できましたか?
オフィスで働くのとは違い、特徴ある職場が工場です。
 
キツイ(と思う)労働環境ですが、合う人には心地いい場所でもあります。
手当も充実していますしね。
 
もし、興味があれば飛び込んでみてもいいかもしれません。
興味がある方はここから条件を絞って探してみてはどうでしょうか?

工場ワークス

また、私のところはこうだったっていう人も是非教えてください!
僕もほかの工場のあるあるをききたいです!!
 
それでは今日も「ご安全に!」
 
おわり