Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

【レターオープナー】500円で買える3倍手軽に開封する方法!

f:id:hasshikun:20170919231914j:plain

社会人になって、親元離れて暮らすと親のありがたみが分かります。
掃除、洗濯、ごみの処理など色々やってくれていたんだなあと感じます。
当たり前だったけれども、意外と手間がかかるものだと知りました。
 
 
で、1年とちょっと経ったこの頃、単純だけども思うことがあります。
 
 
封筒の開封めんどくさくね?

 

 

開ける手間がかかる

一人暮らし始めると何かと手紙や封筒がやってきます。
公共料金だ、保険だ、クレジットカードだインターネットだ意外と大量の封筒がやってきます。
その処理が意外とめんどくさい。
 
一回一回コツコツやるのが本来いいのですが、めんどくさいが勝って、封筒を溜めていく始末。ほんとめんどくさい。
 
目の前には積み上げられた未開封の封筒たち。
 
なら、一気にやってしまおうなんて考えていると。。

紙くずが出るし綺麗に切れないのがうっとしい

はい、これ。一気に封筒を開けようとすると綺麗に開けてない上に、紙くずが半端ない。
 
だからといって、紙くずを避けようとすると封筒って中途半端ノリがついているから、素手で開けるにも、ものすごく不格好な形になってしまうんですよね。
 
汚い!!!不格好!!
だから、ハサミとかで切るんだけど、そこで出てくるのが紙くず。
 
 
封筒届いた→めんどくさい→溜まってきたから開封するぞ→紙くず→ああああああ!
 
そこで、綺麗に紙くずなしの方法を探していると色々出てくるんですよね。

さっと綺麗に切れてその上ごみが出ないやつ

  • 綺麗に切れる
  • さっと切れる
  • ごみを出さない
この3つを条件に探しました。
綺麗に切れても時間がかかっては結局使わなくなるので、素早く切れることを重要視して探しました。

レターオープナーシロ CLO-500シロを購入

 

色々調べた結果、レターオープナーシロを買いました。
レターオープナー自体はたくさんありましたが、これを選んだ理由は下の特徴があったからです。
  • セラミック刃で丈夫(包丁にも使われている素材)
  • 一枚刃だからごみが出ない
  • コンパクトでかさばらない
  • 両利きでも使える(切る方向が制限されない)
  • 500円以下のコストパフォーマンス!
 
真ん中の部分が主に惹かれました。
切ってもごみが出ないんです。
 
もう一度言います。
 
大量に切ってもゴミが出ないんですよ!!

レターオープナーはコンパクトで軽い

 

これが全体の大きさです。
横にポケットWi-Fiを置きましたが、かなり小さいのが分かると思います。
多分大きさにして1/4ぐらいではないでしょうか?
 
重さは全体がプラスチック、刃はセラミックなのか。ものすごく軽いです。
重さ8gらしい。重さ50円玉2枚分らしいです。
落としても気づかないくらい軽そうですよね。
 
隙間に白いセラミック刃が見えると思います。
この隙間に封筒を入れて横にずらせば、封筒がきれいに切れます。

さくっと切れる切れ味

早速切ってみました。
たまに郵便物でやってくる厚めの封筒。今回はこいつが相手です。
素手でやろうとすると結構つらいのですよね。
 
写真のようにレターオープナーの隙間にかませて、横に引きます。
(写真を取るためにちょっと変な持ち方になっていますが気にしないで)
 
スルスルスルッ!!!
 
!!!??!!?

この間2秒ぐらい!
 
めちゃくちゃ楽に切れました。ものすごいセラミックパワー。スルスルいきます。
 
もちろんごみも出ないので、後処理もなくストレスがないです。

さいごに

レターオープナー結構気持ちいいです。

溜まっていた封筒たちをレターオープナーを導入することで、サクサクと開封することができるようになりました。

段ボールとかは無理だけど、紙のものならスルッと切れるので楽しいですよ!

 

500円以内で買えるので、おすすめです!

 

おわり