Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

Amazon人気木製シューキーパーをレビュー!実用性ありのコスパです!

あれば便利だけど、無くてもいいやってもの。
使わないとその良さって分からない。
 
例えば靴関係の小物なんかそれ。
 
靴を綺麗に保つシューキーパー。
高級なものを使えばかなり値段はしますが、そうじゃなくてもコスパが良いものがあるはず!
そう思ってAmazonで人気の2モデルを購入したのでレビューします!

靴なんて履ければいいし、悪くなったら買い替えたらいいやん?

その通りに考えていて、僕も買っていませんでした。もともと大学生でスニーカーばっかりだったのでいらなかったんですよね。使っては買い替えていたので。。
しかし、社会人になって普段からスニーカーではなく、革靴を履くことが多くなりました。
 
そうなると、何が起こるかって革靴が直ぐ痛むんですよね。

 革靴のシワと匂いのダブルパンチ

毎日、歩くことによって曲げることを繰り返した革靴。
シワがしっかり出来てきます。
 
そして一日履き続けた靴はそのまま玄関に置きっぱなし。僕の革靴もシューズキーパーも使わないまま過ごしてしまったので、重力で靴も変なシワができてしまいました。そのせいで靴自体の形も悪くなる。
側面の皮が折り曲げを繰り返したことでひび割れを起こしてしまっていました。

 

これはあかん!!!

 
 さらに、長時間履くから足汗も一緒になって臭くなる。(脱ぎたてはヤバそうだけど敢えて嗅きません)
絶対臭いし?臭いものには蓋をしておきます。
 
これ絶対あかんやつやん?

折角、いい革靴履くんだったら長く使いたいやん?

流石に社会人にもなって、足元がだらしないのもあまりよくないと思い、そういったものを防ぐためにもシューキーパーを買いました。
 
大事にしたのは、除湿/消臭と形を綺麗に保ってくれる機能。
 
木材のシューキーパーしかないありませんでした!

Amazonでも高評価の2つを購入

ということで、Amazonでも高評価な買ってみました。理由は安いから!やっぱり安さにはかないません。高いやつがいいのは当たり前。価格を抑えて勝負するのがコスパてもんでしょ。
Amazonで調べるとたくさん出てくるのですが、その中でも口コミが高いものを購入しました。
みんないいというものは大体オッケーなものやろ?
 

こちらを買いました。


f:id:hasshikun:20171009214622j:image

 
1つ目がAmazonランキングでベストセラーに出てくるもの。
ムートン靴磨きクロス付きで2900円。3000円行かないぐらい。Amazon木製シューキーパー界ではそこそこ高めです。
 
 
もう一つがこれ。1300円くらい。
上のものより機能性は劣るかもしれないけれ価格面で優れていたから購入。価格は正義。
ベストセラーのやつを買おうと思ったら、こいつ二つ買うことができてしまう。
某有名ブランドとの企画品だとかなんだとか、そこの信用性が微妙だけども。。

スペックの比較

 

  Love KANKEI 2980円 LifeValue 1280円
サイズ  26㎝-29㎝ L
対応サイズ 26㎝-29㎝ 25.5-30㎝
高さ 7.8㎝ 5.5㎝
横幅 8.5-9.0㎝ 8.5㎝
材質 米国産レッドシダー 天然木
その他

ハンドメイド一木造
ムートンクロス付き

金メッキ使用

ハンドメイド

 

最大の違いは、LOVE-KANKEIの方はコロニルのシューキーパーにも使われているレッドシダーが使用されていること。

あとは、横幅の調整ができることでしょうか。LifeValueの方は決まった形になるので、どちらかというと形を保つという役割になりそうですが、LOVE-KANKEIの方は横幅の調整ができるので、しっかりしわ伸ばしをしてくれそうです。

また、一木でのハンドメイドでもあることで手間もかかっているところからも価格差が出ているのかもしれません。

 

手間と細かい仕様の差が価格差に現れているのかもですね!

外見~Love-KANKEI

 
f:id:hasshikun:20171009214556j:image
写真で見た感じそこまで、色がないと思いますが、実物はレッドシダーの赤色が凄い。
開けた瞬間から爽やかとも言えるような切り株の香りがドンときます。天然木を使っているんだなと感じさせる点はGOODです。

f:id:hasshikun:20171009221059j:image
側面です。
真ん中にある金属部分は伸縮するので、ここで長さを自動的に調節してくれます。
角もしっかり削られていて、触っていてもささくれなどなくいい肌触りです。

f:id:hasshikun:20171009221500j:image
底面です。
先端にも横幅調整のスプリングがついており、靴に入れることで側面のしわ伸ばしにも効果がありそうです。
 
にしても木目が美しい。

外見~Life Value

やっぱり、比べてしまうと安っぽさが出てしまいます。1500円の違いは大きいか!

こちらも縦のサイズ調整はできるのですが、スプリングが1本のみとなっていて強度的にはLOVE-KANKEIと比べると物足りなさがありますね。

 

特徴としては靴の甲の部分に隙間を作ることで除湿機能を上げたところでしょうか?

 

香りもほんのり木材の香りがします。天然木なんだろうけど、レッドシダーほど香りは強くありませんでした。

側面です。丸みを帯びていて、しっかり角も削られてます。

変にスプリングもないので、シンプルだからこそ強度的にもいいかもしれません。

除湿機能であろう隙間。

ささくれ部分があります。ここは価格の都合上対応できないんだろうなー。

使っているうちに靴の中にささくれが落ちるかもしれませんね。。

底面です。

並べてみると、やはり色合いが全然違いますね。
右の方がちゃんとした木材を使って作った感じがどうしてもしてしまいます。

靴にいれてみた

両方とも綺麗に収まりました!

ただやはりシワを延ばしている感じがするのはLOVE-KANKEIの方ですね。きっちり奥まで入って伸びてくれています。

対してLifeValueは形を整えることと除湿ぐらいの、最低限の性能はあるという感じがしました。でもプラスチックよりは断然いいと思います。

スプリングの差 

装着してみて一番大きな差を感じたのは、スプリングの差です。

安い方、まあ動きが悪い!すっぽり入るんだけれども、靴に入れるときのスプリングの伸縮性がすごく悪いです。一本しかないのと木のやすりがけがちゃんと出来ていないので、引っかかりがあるんですよね。

 

そこだけもったいない!あと一歩欲しかった。。

最後に

結論から言うと、LOVE-KANKEIの方が優れています。2980円でこの品質なら悪くありませんでした。

安くて本格っぽいものが!って人にはおすすめ出来ます!3000円行かないですし。

使って数日だけで靴の形も綺麗になりました。足を入れるとすっぽり入るのは感動もんです。においも木のさわやかさが出ていてGood。

 

ただ、LifeValueが悪いのかといわれるとそうではなく、とりあえずシューツリーがほしい人にはおすすめ出来るものだと思います。

 

値段によって品質の差も言うのはやっぱり出てきますねー!

 

でも、結果としてはどちらも購入して良かったです。

いい靴には高い方、そうでもないのには安い方を使っていこうと思います。

おわり