Ja oder nein??

ゆとり社会人による超絶的雑記ブログ

スポンサードリンク

【準備編】家賃が1万円下がった!誰にでもできる!いい部屋の家賃交渉方法を紹介する

f:id:hasshikun:20170525001009j:plain

賃貸契約で家賃交渉しない奴、お人好し過ぎやでー。
 
交渉事は楽しんでするもの、hashiです。こんにちは!
 
あなたは賃貸契約でお部屋を探して契約したことがありますか?
いい部屋を見つけて、「これにしよう」と申し込むと思うとまず気になる、家賃。
いくらいいなーと思っても結局はお金との相談になるんですよね。
ああ、金持ちになりたいなー(棒
 
この前、同棲するために賃貸契約してきました。
人生初めての賃貸契約だったのですが、なんと1万円!も家賃を値下げすることに成功しました。
不動産屋の人にも「こんな値切るのも中々ない」と言われたので、結構頑張ったほうなんでは?と自負しています。
 
 
でも、特別なことはしていません。誰にでもできます。
大事なのは比較させることなんです!
 
僕が1万円値切った、家賃を安くするために行った方法を紹介します。
準備編です。

引っ越しの詳細

とは言っても、実際どんな所に引っ越したか分からなければイメージもつかないと考え書いてみました。
もちろん家賃は高ければ値下げ額も大きくなると思います。
僕の場合はこんな感じでした。
 
【希望していた部屋】
  • 家賃:12万円
  • 共益費:3000円
  • 2LDK
  • 駅徒歩10分
【交渉の結果】
  • 家賃:12万円→11万円
  • その他変わらず
ここから、どんなことを準備段階でするべきか書いていきます。

不動産に行く前にリサーチをしっかりしよう

家賃を安くしたいなら、不動産に行く前に必ずネットで物件見るべきです。
なぜなら、その地域の相場観が知ることができるからです。
相場観を知っていないと不動産屋にいいように扱われてしまいます。初めて不動産に行ったときがそうでした。。
 
なにも知らないお客は「カモがねぎをしょってきた」のと同じなのです。カモネギなんです。
 
大体の情報はネットで得ることができます。
  • 家賃
  • 間取り
  • 設備
上記だけでも知って、相場感を養いましょう。
 
「駅から徒歩5分だから、家賃は高め」
「家賃10万ぐらいだと1LDKの良いやつが住めそうだなー」
 
このような感覚は1日ネットを見ただけではつかめません。なので、最低でも1週間程度は見続けてください。
1週間程度見続けて、始めて大体の感覚というものがつかめるようになります。
見続けるとだんだんワクワクしてきて楽しくなります。(楽しくって一時期のスマホのおすすめページがSUUMOとか埋め尽くされました。笑)
 
直接、家賃の値下げにはつながりませんが、得た知識は比較用の交渉材料として使えます。
 
もちろん、部屋を見つけるという意味でも使えるのは言わずもがなですが。

不動産屋はいくつも回ろう

「さあ、ある程度相場も分かったし、不動産屋行ってみるか!」
 
 
必ず、2-3店回ってください。
時間を掛けるだけ、値下げがしやすくなります。
僕は4店回りました!!
 
 
不動産屋に行ったら、気になったネットの物件を有無を確認することが多いと思いますが、大体ないです。
そのあと不動産屋から紹介される物件を見て判断がほとんどです。
そして、大体初めに紹介される物件はあんまりなものが多いです。
 
それなのに1店目で決めるのは早計過ぎませんか??
 
 
ぼく「この物件とかどうですかね?新着で来た部屋なんですけど」
不動産屋「あーその部屋(おとり物件)埋まっちゃってますね~。こちらはどうですか?(微妙なやつ)」
ぼく「あ、ソナンデスカ。(またかよ、おい)」
 
 
このやりとりが異常に多い!!ネットを見ていたあのワクワク感を返せって思う。
僕は部屋探しの際、5回ぐらいは経験しました。
 
 
もちろん、紹介された物件でもいいものがあるときがあります。
しかし、内覧に行ってもその場で申し込みはしないでください。
どのみち、交渉のする材料がないので中々家賃を値切ることができません。
 
「絶対ここにしたい!!」という部屋じゃない限りは初回では決めない!
今回は家賃を下げることが目標なので、物件を見つけても契約せずリストに入れる形で待ってください。
 
それを2-3店でするとある程度リストができてきます。
 
あくまで比較対象を作ることが大切です。

閑散期に部屋を探そう

不動産屋の繁忙期って1月から4月ぐらいってのは予想つくかもしれません。
新生活や転勤がありその部屋探しで、ハナホジしてても不動産屋は忙しくなります。
 
できれば、この期間じゃない時期で部屋探しをしましょう。
 
理由は2つあります。

・繁忙期で申し込みが殺到する

繁忙期は賃貸のオーナーもハナホジしてても申し込みが来るので、家賃交渉してくる輩は正直めんどくさいと思われます。
 
オーナー「家賃交渉、鬱陶しいわ。次の人どうぞー」
別に断っても、次の申し込みが来るので問題ないですしね。
 
でも、閑散期だったら?オーナーはハナホジしても客がいないので困ります。
その場合だと、多少交渉しても早く部屋を埋めたいので、家賃交渉がしやすくなります。故に閑散期がおすすめできるのです。

・不動産の対応の真摯さ

いくら顧客第一といっても、忙しいとどうしても一人にかける時間も少なくなってしまいます。
家賃交渉など口に出そうものなら、軽くあしらわれることが多くなります。
忙しい時期は、どうしても一人の満足よりも回転率が重要視されちゃうんですよね。。
 
閑散期だと、客がいないのでじっくり話すこともでき家賃交渉などの相談にも乗ってくれます。
 
僕はあえて閑散期に部屋探しを始めましたが、正解だったと思います。
 
時間がある人は是非繁忙期は避けましょう。

最後に

家賃交渉準備編ということで書いてみましたがどうでしょうか?
結構当たり前なことかもしれませんが、当たり前なことって案外意識しないと忘れがちなもんです。
 
上記のことをするだけで家賃交渉の下準備ができるので、是非部屋探しをする人に参考にしていただければと思います。
 
次回は【交渉編】家賃交渉方法について書いてみます。
話の進め方や質問の仕方について書きますのでよろしくお願いします!!
 
おわり